頭痛―命に関わるものとそうでないもの

頭痛

頭痛には命の危険が伴わないものと、命に関わる危険なものがあります。
命の危険のない頭痛とは「慢性的な頭痛」で、大半がこれに属します。この慢性的な頭痛なら、何度生じてもどんなに強い痛みであっても命に別状はありません。

慢性的な頭痛の例には次のようなものがあります。命に別状はなくても、あまりの痛みに耐えかねて、吐いたり、救急車を呼ぶ場合もあります。

  • 片頭痛(主に頭の片側に生じるズキズキした痛み)
  • 緊張型頭痛(締め付けられるような痛み)
  • 群発頭痛(眼の奥がえぐられるような強烈な痛み)

命に関わる恐れがある頭痛

慢性的な頭痛とは違い、命に関わる頭痛も存在します。命の関わる重大な頭痛の例にはつぎんのようなものがあります。

  • 脳腫瘍…脳内の腫瘍が脳を圧迫しており、腫瘍が大きくなればなるほど圧迫の度合いが強まり、痛みが増します。
  • くも膜下出血…くも膜(頭蓋骨の内側にある3層膜の真ん中の膜)の下に出血します。殴られたような痛みが特徴的です。片頭痛と間違われることもあります。
  • 慢性硬膜下血腫…硬膜(頭蓋骨の内側にある3層膜の一番外側の膜)と、くも膜の間に血腫(出血により血管外へ流れ出た血液が体内・組織内に溜り排出されない状況)ができる状態です。よくあるのが、頭を強打して数カ月後に発症し、半身不随や意識障害を伴うものです。

見分け方のヒント

どうすれば命にかかわる頭痛かそうでないかを見分けることができるのでしょうか。ひとつの目安として、「今まで経験したことのないような突然起こる激しい頭痛」は恐ろしい病気のサインである可能性が高いといえます。

他にも以下のようなサインがあります。

  • 意識障害
  • 高熱
  • 麻痺
  • 視覚障害
  • 言語障害
  • 記憶障害
  • 平衡感覚障害
  • 手足のしびれ
  • けいれん
  • 回数を重ねるごとに痛みが強烈になるなど

上記のような症状が観察されたなら、一刻を争います。いつもと違うので、明らかに「おかしい」と感じる場合がほとんどです。「たかが頭痛くらいで」と過小評価せず、すぐに病院にかかることをおすすめします。