痛風食事療法 野菜・海藻類で尿のアルカリ化

尿酸は酸性液に溶けにくいという性質があります。その反面、アルカリ液には溶けやすいという性質を持っています。そのため、尿が酸性になっていると尿酸は思うように溶けず、体外へ出ていくはずの尿酸が残ってしまいます。

そうなると、尿酸の結晶化が進み、尿路結石や痛風発作を起こす危険性が高まります。ですから、尿をアルカリ化してやれば、尿酸がよく溶け、体外へたくさん出て行くわけです。

海藻類を食べましょう

野菜や海藻類にはメリットがたくさん

尿をアルカリ化するにはどうすればよいのでしょうか。クエン酸などを取り入れるという方法もありますが、日常の食生活に気を配ることによりそうすることもできます。

尿のアルカリ化を促すのは野菜や海藻類などです。逆に、尿の酸性化を促すのは肉類やアルコールなどです。痛風に肉や酒がよくないという理由のひとつはここにあります。

野菜や海草類には、尿酸のもととなるプリン体が少なく、尿酸排泄のために必要とされる必要な水分を多く含まれています。また、低カロリーなので、たくさん食べても肥満の心配がなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを同時に取り入れることができます。

いつも食べよう

いいことばかりの野菜や海藻類ですが、たまに思い出したように食べるだけでは尿酸値が下がることは期待できません。できるだけ毎日、意識して取り入れるようにしたいものです。たとえば、野菜ならば、1日最低300グラムは必要です。

サラダ

野菜や海草類の中でも、尿のアルカリ化作用が高いのは以下のような食材です。
・ひじき
・わかめ
・こんぶ
・干ししいたけ
・大豆
・だいこん
・さつまいも
・かぶ
・じゃがいも
・さといも
・なす
・ほうれんそう
・ごぼう
・キャベツ
・にんじん

こうしてみると、わたしたちが日常食べている野菜や海藻類の多くに尿のアルカリ化作用があることがわかります。

肉類やアルコールに比べて、取りすぎても害がないわけですから、意識してどんどん野菜や海草類を取り入れてゆくようにしましょう。