痛風 さまざまな食品のプリン体含有量(100mgあたり)

私たちが普段口にする食品にはどのくらいのプリン体が含まれているのでしょうか。さまざまな食品のプリン体を下記に含めています。

魚介類

魚

すじこ7数の子11
タラバガニ47ハマグリ48
カレイ50マグロ缶詰50
スズキ51さば52
サケ52ぶり52
タイ55たらこ57
ヒラメ58サワラ59
ニシン60ズワイガニ63
芝エビ65まぐろ67
さんま68ヤリイカ71
あじ72ニジマス80
カキ80スルメイカ81
車エビ86カツオ90
イワシ94アジ干物109
大正エビ112イワシ干物133

肉類

肉類

ウインナー20豚バラ33
牛肩ロース39豚ロース40
ラム41牛ヒレ42
牛すね46牛モモ48
くじら赤身48豚ヒレ53
鶏ささみ67牛腎臓81
豚腎臓91牛肝臓102
豚肝臓128鶏肝臓148

その他の食品

きのこ チーズ

牛乳0鶏卵0
プロセスチーズ3豆腐10
大豆84えのき25
ほうれん草27干ししいたけ186
小麦粉8精白米13
玄米18そば粉37

注意点

こうして見ると、プリン体は日常私たちが口にするほとんどの食品に多かれ少なかれ含まれていることがわかります。特に多いのが牛・豚・鶏などの内蔵類です。

これらは総じて高カロリーで、コレステロールも多く、食べ過ぎは尿酸を多く作り出し、動脈硬化をも促進します。ですから、好きな人は特に注意して食べ過ぎないようにしましょう。

尿酸値の高い食事のメニューとして、焼き鳥のレバーやモツ鍋、魚介類の珍味などが挙げられます。おいしいかもしれませんが、食卓への登場機会を少なくし、一度に食べる量もほどほどにしておくことが大切です。

上記の表から、かつお節や煮干し、干ししいたけなど、良いだしのでるものは全体的に高プリン体食品です。しかし、普通の範囲でだしを取る程度ならばプリン体の過剰摂取について心配することはありません。