枕の使用を改善して肩こり具合をみてみる

枕

「どこでも寝れる」が謳い文句の枕「オストリッチ・ピロウ」

多くの人を悩ませている肩こりや首こりですが、意外にも枕の不適切な使用法が要因となっていることがあります。特に合っていない「高い枕」がこれに当てはまります。高い枕をしていると、首や肩の筋肉が引っ張られたまま眠ることになります。眠っている間ずっと引っ張られた筋肉が疲労し、こりにつながっているケースがあるのです。しつこい肩こりに悩まされているなら、ここで一度、枕を犯人疑いしてみることができます。

仰向けに眠るときは枕はほとんど必要ない

高い枕をしていると、寝返りなどの拍子に首が不自然な角度を強いられることも多く、寝ちがえも起きやすくなります。ですから、肩こりなどのこりで悩まされている場合、一度枕を外して「枕なし」で寝てみることをおすすめします。枕なしで眠ってみて、こりや痛みが改善されたなら、それは枕の高さが自分に合っていなかったということです。

枕を当てる場合、眠る際の枕の高さは、頚椎のカーブを少し助けるくらいの高さ、つまり仰向けに寝たときに底面と首筋のすきまを埋めるだけの高さがあれば十分です。具体的にいうと、バスタオルを折って重ねる2~5cm程度の高さでよいのです。重要なのは自分に「しっくりくる」高さを発見することです。

普段の習慣として「枕がないと眠れない」というのは心理的なもので、身体からすればほとんど必要がないものです。どうしても心理的な抵抗が強いなら、現在の枕から低い枕に変えてみることができます。

横向きに眠るときは枕が必要

「枕なしでもよい」というのは仰向けに眠るときであって、横向きに眠る場合は話が別です。横向きに寝るときには、頭が傾いて首が少しだけ曲がるため、低めの枕があるほうが首への負担を減らすことができます。

ですから、仰向けに眠るときは枕なしかバスタオル折り、横向きに寝るときは低めの枕ということです。理想の形として、仰向けに寝たときの頭の位置には枕なしか、折ったバスタオル、その左右に低めの枕を設置して、枕を3つ並べた形にしてみることです。こうすることにより、横になった時に頭を乗せることができ、首への負担が少ない形になります。

ちょうどいい枕の高さは個人差があるため、きっちりと何cmと言い切ることはできませんが、枕なしで仰向けに寝たときにできる首の後ろの空間を埋めることができればよいのです。横向きになったときも、首が身体に対して角度のついた状態(首をかしげた状態)にならない高さがその人にとってちょうどよい高さです。

首の個人差に加え、各々敷ふとんの沈み具合も違いますから、どれくらいの枕の高さがしっくりくるのか、自分で試してみることができます。睡眠時間は1日のうちの多くの割合を占めています。もっと大きい視野で見れば、人生のうちかなりの時間は眠りに当てていますから、睡眠の質を枕で上手にカバーして、肩こり予防や疲労回復のために活用してまいりましょう。