痛風食事療法 豆腐と牛乳を取り入れましょう

痛風の食事療法の基本は、バランスのよい食事をとることです。

ここでは、コレステロールや塩分を抑える食べ物や痛風の人の食事に積極的に取り入れたい食品として「大豆製品」と「牛乳」取り上げています。

豆腐

大豆製品

豆腐や納豆など、日本独自の大豆製品は、高タンパクで低脂肪かつ低カロリーという優れた食材です。肉などの動物性食品と違って、豆腐や納豆は少し多めに食べたとしても、尿酸値に影響がありません。

総コレステロールを低下させる大豆は、高血圧・動脈硬化の予防に役立つレシチンや、過酸化脂質の生成抑制作用、血中脂質の改善作用、血圧降下作用などが認められているサポニンなども含まれており、肥満の改善効果が期待できます。

また、血中コレステロールを下げるリノール酸、疲労回復効果のあるビタミンB群、そのほか鉄やカルシウム、食物繊維なども豊富です。このリノール酸は酸化しやすいという欠点をもっていますが、同時に抗酸化作用のあるビタミンEが大豆に多く含まれているので特に問題ありません。

豆腐や納豆、厚揚げ、おから、豆乳などの大豆製品にも同様の栄養素が含まれていますから、1日に1回は食べたいものです。

動物性食品に代わるもの

痛風をはじめとする多くの生活習慣病の背景には、肉などの動物性食品の取り過ぎがあります。しかし、栄養学的には、動物性食品は良質タンパク質源として貴重な食品です。

動物性食品を摂取を減らす分、他の何かで補わなければなりません。代わりとなる大豆はしばしば「畑の肉」と評されるほど、良質のタンパク質源です。

植物性ではありますが、十分、動物性食品の代用品となります。
豆腐や納豆は少し多めに食べたとしても、尿酸値に影響がありません。

納豆

欠点はあるものの

大豆の唯一の欠点は、消化があまりよくないということです。ですから、ゆでて使うときには、指で挟むと簡単に潰れてしまうくらいにまで加熱して使うようにしましょう。

すでに水煮したものも市販されていますし、大豆製品である豆腐、厚揚げ、油揚げ、がんもどき、ゆば、高野豆腐、納豆、おから、豆乳なども大豆と同等の効果が期待できます。

このように、加工されたものならば、消化・吸収が悪いという大豆の欠点をカバーしてくれます。

牛乳 乳製品は尿酸値を下げる

牛乳

良質のタンパク質や消化吸収のよいカルシウムを豊富に含む牛乳は、1日コップ1杯(200ml)は、飲みたいものです。

脂肪分を少なくした低脂肪牛乳や脱脂乳もあり、こちらは脂肪以外の成分は牛乳と同じですから、脂肪やカロリーを気にしなければいけない痛風や高尿酸血症の人にとって最適な食品と言えます。

なにより牛乳やヨーグルトなどの乳製品には尿酸値を下げる効果があります。肉や魚などの高プリン体食品を控え気味にして、低プリン体食品である牛乳から良質のタンパク質をとるように心がけたいものです。

もし、牛乳がダメな人は豆乳にしてみるのもよいかもしれません。また、牛乳でお腹がゆるくなる人のためにメグミルクから出ている乳糖不耐症の人用の牛乳もあります。

おなかがゴロゴロする人のための牛乳

おなかがゴロゴロする人のための牛乳

入手できるならこれもいいかもしれません。痛風のリスクを減少させるので、これらも少量でもよいのでできるだけ積極的にとるようにしましょう。ヨーグルトも甘いものではなく、無糖のプレーンヨーグルトを利用したいものです。