痛風 ほうっておくとどうなる?

ほうっておくとボロボロになる
家でも車でもずっと放置しておくとやがて使い物にならなくなります。

では痛風の場合はどうでしょうか。尿酸値が高い状態のまま放っておくとどうなるのでしょうか。高尿酸血症から痛風への進行の過程は3つの段階に分けられます。ちなみに、自然に治るということはありません。放置すればするほど、ろくなことがないのです。

進行の3つの段階はつぎのようなものです。

①無症候性高尿酸血症期
②間欠(かんけつ)性発作期
③慢性痛風期

無症候性高尿酸血症期

無症候性高尿酸血症期は尿酸値が7.0mg/dlの正常値を超えていても、症状らしきものが何も出ていない状態です。症状が出ていなくとも、高尿酸血症であることに違いはありませんから、治療するか否かにかかわらず、生活改善などの努力が必要です。

症状が特に出ないため、健康診断などを受けていない人は痛風発作が生じてはじめて、自分が高尿酸血症であることに気づく場合も多くあります。

間欠性痛風発作期

間欠性痛風発作期は痛風発作が時々起こる時期です。痛風発作は1回生じるとそれで終わりではなく、病気は見えない形で体の中に潜んでいるので確実に繰り返します。

発作の間隔は個人差がありますが、短ければ数ヶ月、長ければ数年など大きく異なります。この時期になると治療は不可欠です。そのまま放置しておけば、発作の頻度は徐々に多くなり、激痛に襲われる回数も増します。

恐怖の慢性痛風期

慢性痛風期は痛風が進行して症状が慢性化した状態です。間欠性発作期に適切な処置を施さなかったり、治療を中断したりするとこの段階へ進みます。尿酸のコブができる「痛風結節」が体のあちこちに生じたり、様々な恐ろしい合併症にかかる危険性も高まります。

体内の尿酸値が非常に高くなっていて、正常な値の人と比べ、その量が数百倍、ひどい場合は1000倍にもなります。この時期になると大変なので、医師とよく協力して根気強く治療を続けることが求められます。

痛風は何科で診断?

まず、自覚症状がなければ内科へ行ってみましょう。痛風の前段階である高尿酸血症は自覚症状がないために、多くは健康診断や人間ドッグ、あるいは他の病気の検査中に見つかります。

これといって自覚症状もなく、痛風になりかけているかどうかわからない場合は、まず血液検査をしてもらいます。血液検査の項目中には尿酸値もありますから、「尿酸値を知りたいので、血液検査をお願いします」といえばすぐにしてくれます。

病院によっては、尿検査も一緒に行なったり、問診があったりするかもしれません。何科にいけばよいかわからない場合はどうしたらよいでしょうか。最も望ましいのは、リウマチ科や内分泌代謝科の痛風の専門医ですが、専門科がない場合は、整形外科か内科を訪れるとよいでしょう。

病院

尿酸値が高い場合は専門医へ

血液検査の結果、尿酸値が高いことがわかった場合や、痛風発作が出たときには、できるだけ専門医に診てもらうようにしましょう。

痛風発作が出たか否かにかかわらず、 問診の場合は一般的に次のような質問を受けます。
○痛風発作の有無と時期
○最も近い痛風発作とその前の発作との間隔
○痛いのはどこか
○痛みの程度と痛みの続く時間はどれほどか
○痛風以外に何かの病気があるか
○何かの薬を飲んでいるか
○家族の病歴
○食習慣・飲酒・生活環境など
○体重とその変動