痛風 お酒はプリン体とアルコールのダブルパンチ

アルコール

痛風・高尿酸血症の人はお酒を控えめにするか、できるなら禁酒したほうがよいでしょう。お酒にはアルコールとプリン体という大きな2種類のダブルパンチがあるからです。

アルコールに含まれるエタノールは体内で尿酸をたくさん作ると同時に腎臓で尿酸の排泄を低下させる作用があります。また、エタノールはエネルギー量が多く、肥満や様々な生活習慣病の原因にもなります。

プリン体

プリン体についてはどうでしょうか。お酒の中でもビールには多量にプリン体が含まれており、大瓶1本(633ml)飲めば、約1時間後には尿酸値が平均で1mg/dl上がると言われています。

1本でやめておけば時間とともに元に戻りますが、大量に飲んだり、毎日のように続けて飲めば、尿酸値は高いままです。よく知られたアルコール類のそれぞれのプリン体含有量はだいたい以下のようになっています。

 アルコール名プリン体含有量(mg/100ml)
焼酎(25%)0.0
ウィスキー0.1
ブランデー0.4
ワイン0.4
日本酒1.2
発泡酒2.8~3.9
ビール3.3~6.9
地ビール5.8~12.1
紹興酒11.6

適量を守る

どうしても飲みたい場合はどうでしょうか。先にも述べたように、やはり控えめにしなければなりません。お酒も適量さえ守って節度をもって飲むのであればそれほど尿酸値が悪化することはありません。

ただ、アルコールの力で自制心や思考力が低下し、いともたやすく適量を超えてしまうことはよくあることなので、注意が必要です。

付き合いで飲みに行かなければならない場合は、マイペースで飲める水割りや酎ハイなどがよいでしょう。

アルコールの適量

下記は代表的なアルコール飲料の適量です。飲むにしても、だいたいこれくらいにしておくとよいでしょう。

ビール 中ビン1本(500ml)
ワイン グラス2杯(60ml)
日本酒 1合(180ml)
焼酎お湯割り コップ1杯(100ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)
プリン体カットのビール

ビールが痛風に悪いという風潮からか「プリン体カットビール」というものが存在します。

各社から出ているプリン体オフ飲料

各社から出ているプリン体オフ飲料

もちろん、通常のビールをがぶ飲みするよりかはこちらのほうが痛風にはよいでしょう。しかし、たとえプリン体90%Offでも、アルコールには違いありません。アルコールゆえの尿酸値上昇となりますので、くれぐれも飲み過ぎには注意してください。

適量は1日に純アルコール量20グラム

痛風の人は特にアルコールの飲み過ぎに注意しなければなりません。とはいえ、適量を守って飲む分に関してはそれほど問題ありません。アルコールの適量とはいったいどれくらいなのでしょうか。

それは1日に純アルコール量にして約20グラムといわれています。これは肝臓が約3時間で分解・処理できる量に当たります。この数値が絶対かといえば必ずしもそうではありません。個人差がありますので、おおよその指標とすることができます。

この量の範囲内ならば、たとえば夜の9時ころに飲み終わると、真夜中12時ころにはアルコールの分解・処理が終わっていることになります。ですから、肝臓が就寝中や翌日までフル稼働しなければならない事態は避けられ、余計な負担をかけずに済むというわけです。

この純アルコール量20グラムは各種アルコールにするとどれくらいの量になるのでしょうか。それぞれ次のような量が適量として算出されます。

日本酒:1合
ビール:中ビン1本
ウイスキー:ダブル1杯
ワイン:グラス2杯
焼酎(25度):コップ2分の1

週2日連続の休肝日が目標

上記の量だとよほどお酒に弱い人でない限り、驚くほど少ない量かもしれません。とはいえ、お酒に強い人でもこの量を守っていれば、痛風をはじめとする生活習慣病の心配はまずないと言えます。

量に加え、お酒をまったく飲まない「休肝日」を設けることは大切です。現代の医学では休肝日は週に2日、それも連続してとるのが望ましいとされています。

休肝日

普段、飲める量が少ない上に、飲めない日が週2日もあるので、好きな人にとっては制限がつらいものとなるかもしれません。しかし、この量と休肝日は科学的な根拠がすでに実証されたものなので、痛風の人には効果があるのです。

もしも我慢せずに、たとえば日本酒を5合、もしくは、1升飲めばどうなるでしょうか。肝臓のアルコール処理能力は1合で3時間かかりますから、5合飲めば処理に15時間、1升飲めば処理に30時間もかかってしまうのです。

肝臓はとてもよく働く臓器です。それだけに日頃から大切にしていないと気づいた時には取り返しのつかないことになっているケースも珍しくありません。適量のアルコールと2日連続の休肝日は痛風対処と肝臓を健康に保つための大切な条件なのです。

ですから、できる限り休肝日を取り入れつつ、バランスの取れた形でお酒と付き合ってゆきましょう。