痛風 尿酸値が高いと言われたら

びっくりの画像
「尿酸値が高いですよ」

…痛風宣告は突然やってくるもので、大抵の人は、大なり小なりショックを受けます。痛風の原因とされる体内の尿酸の量を平均は、 健康な男性の場合は4.0~6.5mg/dl、女性は3.0~5.5mg/dlとなっています。

両者ともに7.0mg/dlを超えると「高尿酸血症」と診断されます。尿酸値が高い状態が「高尿酸血症」で、それが原因となって激痛発作を伴う「痛風」が現れます。「高尿酸血症」は自覚症状がなく、痛風はどんなに鈍感な人でも死ぬほど痛いので、自覚症状はありです。

そのように診断されたなら、すぐにでも薬物治療を始めるべきなのでしょうか。個人差がありますが通常、尿酸値が7.0mg/dlを超えたからといってすぐに痛風発作がおきるわけではありません。

薬物治療をはじめる場合もありますが、主に肥満対策、食事・運動・ストレスなどに注意し、健康な生活習慣を確立するよう改善してゆくことを求められます。

7.0と8.0の違い

尿酸値が7.0mg/dlと診断されるのと、8.0mg/dlと診断されるのとでは、大きな差がないように思えるかもしれません。しかし、尿酸値が7mg/dl台の時では治療の対象とはならず、様子見になる場合があっても、8mg/dl台になると治療の対象になることが多くあります。

素人目に7.0mg/dlと8.0mg/dlの間には差が1.0mg/dlしかないので大丈夫だろうと安心するのは危険です。いずれにせよ、尿酸値が7.0mg/dlを超えた時点で高尿酸血症という病気であり、放っておくと、激痛の痛風発作や他の深刻な合併症を引き起こしかねません。

ですから、尿酸値を増やしてしまうような生活習慣の改善をしてゆかなければなりません。専門家のアドバイスのもとに適切に対処するためにも、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

医師に早めに診てもらいましょう

高尿酸血症の3つのタイプ

痛風の原因とされる体内の尿酸は、日々新たに作られては廃棄されます。この尿酸の生産と廃棄のバランスが崩れることにより、体内の尿酸の量が異常になり、やがては痛風発作へとつながってゆきます。

体内の尿酸の量が多い高尿酸血症には3つのタイプがあります。
では、それぞれどのようなものか見てみましょう。

尿酸産生過剰型
これは、体内で作られる尿酸の量が多いタイプで、排泄量は正常ですが、排泄量以上の過剰な尿酸が生産されるため、尿酸プールがあふれてしまう状態です。

尿酸排泄低下型
これは、腎臓から尿酸を排泄する力が弱いタイプで、尿酸の産生量は正常ですが、排泄量が少ないため、尿酸プールがあふれてしまいます。

混合型
これは、産生も排泄も異常で、作られる量も多く、排泄する力も弱いという両者の特徴を合わせ持ったタイプです。

日本人に多いのは

生産工場

プリン体の85~90%は体内で作られる

日本人の高尿酸血症患者のうち、約10%が尿酸産生過剰型と言われています。一番多いのは、排泄低下型で、全体の約60%~80%を占めています。混合型は残りの10~30%の割合となっています。

排泄低下型と混合型を合わせると、高尿酸血症患者の約9割に尿酸の排泄低下がかかわっていることになります。なぜ排泄低下が起きるのか、体質が関係しているようですが、詳しくはわかっていません。