痛風食事療法 食べ始めて20分後に満腹感

満腹感は脳で味わうもの

私たちが食事をして満腹を感じるのは、胃ではなく、脳の視床下部にある満腹中枢です。

食べ物が胃に入ると血糖値が上昇し、これが満腹中枢を刺激して、「もうこれ以上食べなくてもよい」という指令を出します。

この満腹中枢から「満腹」の指令が出るのが食べ始めてだいたい20分後くらいなのです。

しかし、どうでしょうか。

私たちの忙しい生活の中で、1回の食事は何分くらいで済ませていますか。

5分や10分で済ませるということもあるのではないでしょうか。

これでは満腹中枢が満腹という反応をする前に食べ終わってしまいます。

つまり、食べ終わっても満腹になっていないのです。

得られない満腹感

早い速度で短時間に食べるとどうなると思いますか。

必要な量が胃に入っても、満腹中枢が「満腹」の指令を出す20分より前に食べ終わってしまうため、満腹感が得られません。

そのため、時間と食べ物さえあれば余分にどんどん食べてしまいます。

たくさん食べると胃の許容量は大きくなり、やがて大食いになってゆき、肥満へとつながってゆくのです。

ですから、ゆっくり噛んで食べることにより、食べ過ぎを防ぎ、より少量で満腹感を味わえるのです。

早食いはろくなことがない

早食い

胃の負担になる

早く食べるいわゆる「早食い」は何の自慢にもなりません。

早食いは肥満を招くばかりか、きちんと噛み砕かないため、胃への負担が増大してしまいます。

ストレスのもと

早食いは胃の負担になるだけでなく、消化不良の原因にもなります。

そのような消化器症状が慢性化すれば、それがストレスとなり、血圧などにも悪影響になるのです。

尿酸値を上昇

早食いは尿酸値を上昇させることもわかっています。

短時間に大量のエネルギーが体内に入ることによって、細胞のエネルギーの消耗が激しくなり、その結果として尿酸が生成され、尿酸値が上昇してしまうのです。

食事は楽しく

食事は楽しく

このようなわけで、食事の時間は早食いではなく、30分くらいはかけてゆっくり食べるようにしたいものです。

ゆっくりと味わいながら食べることにより、比較的少量で満腹感を得られます。

家族や友人などと会話を楽しみながら食べるというのも時間をかけて食べるための良い方法です。