痛風になりやすい性格

痛風になりやすい性格

痛風になりやすい人には共通する性格があることがわかっています。以下のような性格の人がなりやすいと言われています。

・責任感が強い

・物事に意欲的に取り組む

・指導力がある

・何事にも積極的

・活動的で行動力がある

・自己主張が強い

・有能

・攻撃的

・ストレスをためがち

仕事バリバリ休日バリバリ

上記に当てはまる性格の人が必ず痛風にかかるわけではありませんが、なぜか痛風患者には上記の性格を持つ人が多くいます。こうした性格から浮かび上がってくるのは、仕事を精力的にこなし、部下の面倒見もいい上司的な存在で、休日も家族サービス盛りだくさんのお父さんかもしれません。

また、「仕事こそ生きがい」というような、早朝から夜遅くまで残業しているような人かもしれません。上からの業績アップや部下からの要求に板挟みとなり、家では家庭を顧みないと奥さんから不満を言われ、ストレスが溜まっているかもしれません。

日々の仕事が忙しいため、趣味を楽しむ時間さえなく、定期的な運動はほとんどしていないかもしれません。もしかしたら、唯一の楽しみは食べることと飲むことでしょうか。食べる量も多く、飲む量も多いかもしれません。

ストレス

ストレス注意

ストレスが多くなるとなぜか尿酸値が上昇します。原因は解明されていませんが、強いストレスがあるときに痛風発作が生じやすくなることがわかっています。

嫌なことを忘れようとして、お酒をたくさん飲む人がいますが、ストレスをお酒で解消しようとするのは一時しのぎにすぎず、かえって逆効果です。

ストレス解消の上手、下手には個人差がありますが、一般に男性は女声よりストレス解消が苦手というのが定説です。

男性も女性を見習って、趣味の仲間を作ったり、おしゃべりして愚痴をこぼし合うなど、自分なりのストレス解消法を見つけておくのは大切です。