やばい種類の頭痛 命の危険性

group

頭痛には命に別状のない、いわゆる慢性頭痛と、命に関わる危険な頭痛があります。ここでは、早急に治療を施さないといけない危険性の高い頭痛にまつわる疾患をご紹介しています。

くも膜下出血

突然バットで殴られたかのような激烈な後頭部の痛みは脳動脈瘤破裂による出血です。この「脳動脈瘤」(のうどうみゃくりゅう)というのは、脳動脈の一部がコブのように膨らんだ状態を指します。動脈の壁にはもともと弱い部分がありますが、それが血圧や血流など長年の影響で少しずつ膨らんでゆき、コブのようになってしまうと考えられています。

そのようになってしまった脳動脈瘤の壁は通常の血管に比べて破れやすく、くも膜下出血の8割以上はこの脳動脈瘤の破裂によるものです。これが破裂することによる出血で、周辺の神経や髄膜が強く刺激を受けるために強烈な痛みが発生します。その痛みはそれまで味わったことのないほど最強クラスの痛みといわれています。

その頭痛の最中には、吐き気や嘔吐を伴い、意識障害が出たり、昏倒したりすることもあります。痛みの発生から少し後にうなじを中心に首の付根から肩にかけての部分が硬直(項部硬直)してきます。

本来、脳内のあってはならない場所に血液があふれるため、くも膜下出血は重篤な病気といえます。一般的なデータからすると、発症した人のうち3分の1が死亡し、3分の1に後遺症が残り、残りの3分の1の人が社会復帰できます。

脳出血

脳出血は、脳内にある細い血管が破れて、血腫ができてしまった状態です。吐き気や嘔吐を伴う頭痛が生じ、時間とともに痛みが増してきます。ただし、頭痛はそれほど激しいものではなく、頭が重い程度である場合も少なくありません。

頭蓋骨内で大きくなった血腫が周囲の神経を圧迫して錯乱、記憶障害、手足のしびれや麻痺、ろれつが回らないなどの症状を引き起こします。どの症状が出現するかは、血腫ができた場所によって違います。原因の大半は高血圧と動脈硬化で、もろくなってしまった脳の血管が高い血圧で破れてしまうことにより生じます。

脳梗塞

脳梗塞による頭痛もあります。脳梗塞のひとつは脳の血管が動脈硬化で分厚く、狭くなり、血栓が形成されるなどして、詰まってしまう「脳血栓」です。別の脳梗塞は、心臓など脳以外の血管にできた血栓が血流に乗って脳血管に入り込み、詰まらせてしまう「脳塞栓」です。

脳梗塞が原因で頭痛が生じる頻度は、全体の3分の1程度しかなく、痛みも軽い場合が多いようです。脳梗塞が発生した場合、頭痛や手足のしびれ、物が二重に見える、言葉が出てこないなどの症状が表れます。

脳腫瘍

脳腫瘍は脳に腫瘍ができる疾患で、良性のものと悪性のものがあります。腫瘍の増殖速度が速く、浸潤性に広がり、正常組織との境界がはっきりしない腫瘍は悪性で、主に脳の実質(大脳、小脳、脳幹、脊髄など)に生じます。一方、増殖速度が遅く、正常組織との境界がはっきりしている腫瘍は良性で、主に脳の付属器に生じます。

脳腫瘍の場合も頭痛の痛みはそれほどひどいものではなく、頭痛そのものが必ず生じるわけではありません。頭重感だけの場合もあります。これも嘔吐、手足のしびれや麻痺、視野が狭くなる、ろれつが回らないなど、身体に異常が生じるのが特徴です。

髄膜炎

髄膜炎は、脳内の髄膜に炎症を起こす病気です。ウイルスや細菌感染が原因とされています。脳梗塞や脳腫瘍と違う点として、髄膜炎には必ず頭痛が伴います。風邪に似た発熱を伴う頭痛と嘔吐が特徴です。また、項部硬直(横になっている患者の首が硬直して、頭が持ち上がらなかったり、首を回したりが困難な状態)があり、錯乱、意識障害、光を嫌がる、騒音に耐えられなくなるなどといった症状を呈することもあります。

硬膜下血腫

硬膜下血腫は事故や打撲などによる脳への打撃が原因で脳内の硬膜とくも膜の間に出血が起き、血腫ができてしまう状態です。打撃の強さや症状の現れ方によって急性と慢性に分かれます。頭を打った後、急速に症状がでてくるのは急性です。一方、頭を打った時には特に自覚症状はないものの、数日~数週間経過した後に症状が出現してくるものは慢性です。

頭痛に加え、めまい、吐き気、手足の麻痺などがあります。認知症のような症状も出現することがあるため、年配の方の場合、認知症と誤診されることもあります。脳内の血腫はどれもそうですが、血腫が大きくなり続ければ死に至る重大なものです。